大学生がヒッチハイクをするべき3つの理由

こんにちは、たっちーです。

僕は大学生のころ、名古屋から四国や九州にヒッチハイクで行きました。

そこでの経験が社会人になってから、とても活きてきているなと感じることが多いので、今回紹介していこうと思います。

大学生がヒッチハイクをするべき3つの理由

①自信になる

人間って成功体験とか失敗体験をたくさん積んだ方が成長すると思うのですが、ヒッチハイクって成功と失敗が分かりやすいんですよね。

乗せてもらって、行きたい場所に行ければ成功。それ以外は失敗みたいな感じで。

だからヒッチハイクでいろんなところに行くだけで、それが成功体験になります。

成功すると人間って自分はやればできる人間なんだって自信につながりますよね。

んで、自信のある人はいろんなことに積極的に挑戦するようになるので、結果的に多くの成功体験と失敗体験を積むことができ成長できます。

個人的にはイマイチ自分に自信がない人こそ、ヒッチハイクをやるべきだと思ってます。

②コミュニケーション能力が身につく

乗せてもらう側のマナーとして、車内で黙っているわけにはいきません。なぜなら、乗せてくれる人は渋滞や長時間運転の暇つぶし的な感覚で乗せてくださることが多いからです。

なので、どんな人とでも乗せてもらったら話さないといけないわけですが、これがとても訓練になります。

僕はヒッチハイクでたくさんの人と話してきた経験があるので、初めて会った人と緊張することなく話すことができ、いい感じに距離を縮めることができるようになりました。

③様々な価値観に触れられる

ヒッチハイクってこちらから乗せてくださる人を選べないんですよ。基本的に声をかけてもらう側ですから。

普段関わらないような人たちと話すことになります。

僕の例でいうと、大学生カップルや女性社長、サラリーマンをやめて山を買った人、元ヤクザの人・・・本当にいろんな人がいました。

これだけ様々な肩書きの人と会うと分かるのですが、人それぞれ価値観が全然違うんですよね。

社会人になった時に、サービスを作る上でも、社内の人間関係でも、多様な価値観を受け入れることが大切だと思います。

僕はヒッチハイクをするまで自分の周りの人としか関わってこなかったので、価値観も偏っていました。視野が狭かったんです。だけどヒッチハイクをして、自分と全然違う考え方の人がたくさんいることを知ることができたので、少しは多様な価値観を受け入れることができるようになりました。

学生の頃って先生か友達、バイト先の社員の人とくらいしか関わることがないと思いますが、社会人はいろんな人関わります。そこですぐに多様な価値観を受け入れることができるようになるために、ヒッチハイクをしてみてはいかがでしょうか?

最後に

大学生のいいところって、時間があることと応援される立場であることだと思います。

だからヒッチハイクではなくても、なんでもいいので何かに挑戦してほしいです。案外成功するし、案外自分って何もできないんだなって感じると思います。

そういう経験を大学生のうちに積むことは、これから先の長い人生で必ず活きてきます。

たくさん挑戦して、たくさん失敗しましょう!