クリエイティブコントロールについて

 

新R25の藤田さん回のクリエイティブコントロールのお話が面白かったので共有です!

好感度には自信アリ?ホリエモンを意識してる?藤田晋の隠れた本音を暴いてきた @susumu_fujita

 

権力者がクオリティが高いデザインであったり、技術面であったり妥協を許さないっていう姿勢を持ってないと、組織でやってるので、みんないろんな事情があって簡単に妥協しちゃうんだよね。

クリエイティブコントロールだけは一番のトップだけがやってなきゃいけなくて、しかもひとりがやってなきゃいけないと思ってる。「こんなところに広告を入れてはダメだ」「この程度のクオリティではリリースしちゃいけない」とかっていう。

「Netflixと同じようなサービスでもっとすごいものをつくろう」だったら、Netflixがクリエイティブコントロールをしてくれている。競合がみんなの共通の基準になる。ABEMAみたいに世界にないものをゼロからつくっているときは誰かが明確に仕切ってないとダメ。

僕自身もABEMAと同じく世界にないサービスを作っているところなので、クリエイティブコントロールの重要性はとても共感できました。

競合がいない中で、しっかりクリエイティブコントロールをするためには、まず自分の中でクリエイティブの基準を持つことが重要だと思います。

まだクリエイティブの基準が自分の中にない人は、いろんなサービスを使い倒し、活かせる部分だけ吸収していき、基準を作っていきましょう!

僕もまだまだなので、頑張ります!